落ち着きと美しさを備えた緑溢れる静域の街

落ち着きと美しさを備えた緑溢れる静域の街
国立自然教育園

江戸時代より諸藩の下屋敷が建ち並んでいたことから、明治時代以降には皇族や財界人の邸宅が集まる由緒ある高級住宅地となった白金台エリア。その長い歴史を感じさせる建築物の佇まいや豊かな自然の景観に魅了され、いつの時代も人々を惹きつけてやみません。広大な国立自然教育園の緑に抱かれ、都心にいながら四季を身近に感じることができるのも、この地ならではの贅です。