多様な地域性と優れた都市機能が調和するライフステージ

多様な地域性と優れた都市機能が調和するライフステージ
勝どき

高度経済成長期とともに都市基盤の整備が進み、東京の中枢への近さから大手企業が多数進出し、オフィス街として発展するとともに、首都圏のベッドタウンとして大規模なマンションが多く建設され、資産価値が高い住宅街としても進化し続けている勝どきエリア。都内のウォーターフロントの先駆けとして街は自然との調和を考え、緑を増やす事業とともに公園も多く作られ、中央区に位置しながら豊かな自然を感じられます。スーパーやコンビニ、病院などの生活利便施設も充実しており、日々の生活に困ることはありません。大規模複合商業施設『晴海トリトンスクエア』をはじめ新しい商業施設が次々とオープンしている一方で、下町風情が残る『月島西仲通り商店街』も人気のスポットで、新旧さまざまな街を気軽に楽しめる、オンもオフも快適でアクティブに過ごせる暮らしが、ここから始まります。