住んでみたい街人気上昇中「池袋」

住んでみたい街人気上昇中「池袋」
toshimaku

一度は住んでみたい憧れの街。おしゃれなショップや飲食店が多い街、タワーマンションが建ち並ぶ都心エリア、低層の高級住宅地・・など、根強い人気の街は様々ございます。そんな中、現在注目を浴びているのが豊島区「池袋エリア」。もともと複数路線が集まるビッグターミナルであり、様々なカルチャーが集まる人気エリアでしたが、近年注目されるキーワードは「再開発」です。2015年に竣工した豊島区の新庁舎の特徴出来なデザインは皆さん一度は目にされたことがあるのではないでしょうか?地上49階建て、9階部分までに区役所と一部商業施設があり、11階から上は民間の分譲マンションという官民一体となった建物です。下層の台形の部分には植栽や太陽光パネルを配置し、自然と調和するデザイン。旧豊島区役所の敷地には、2019年秋を目途に大型シネマコンプレックスなどが開設予定の新たな複合商業施設が誕生する計画です。その他にも、サンシャインシティ東側の造幣局跡地やその周辺エリアなど、今後リニューアルされる計画が複数ございます。


ikebukuro

再開発により、大型商業施設や住宅、公園などが整備されることにより、新たなビジネス・コミュニティ拠点としての注目が高まります。そのため、従来その街に住む方々の利便性や快適性の向上はもちろんですが、新たに人が集まることで住宅の需要も高まります。新たに分譲される住宅だけでなく、このようなタイミングこそ、中古リノベーションが生み出す価値が見直される時ではないでしょうか?どんどん生まれ変わっていく「池袋」エリア。ますます目が離せません。