Location

日本語名
立地
#312F32

いつまでもどこまでの散策したくなる街並み

副都心の中でも最も重要な『三大副都心』に称される渋谷区。最先端の流行を捉えた、都内でも屈指の繁華街として知られる一方で、国際的IT企業や外資系企業など、世界を牽引する最大手がオフィスを構えるビジネス街の側面も持ち合わせています。また、都心ライフを謳歌できる住宅街としても人気が高く、都内各所へのアクセスの良さや利便性に優れた都市機能で、憧れの住みたい街として、幅広い世代を惹きつけてやみません。渋谷区の中でも代々木エリアは、街の至る所にオシャレな雑貨店やカフェなどが軒を連ねており、自分のペースでゆっくり散策するのが楽しい街となっています。おいしいもの、かわいいもの、かっこいいもの、心ときめくものがたくさん揃っているので、目的を決めずにふらりと出掛けてみるのも良さそうですね。

新宿を手中にするポジションが豊かな暮らしを叶える

「新宿」駅から北西方向約1.5km圏の距離にあり、ビジネスからエンターテインメントまで、多彩な機能を集約し飛躍し続けるビッグターミナルを生活圏としながらも、都市部の喧騒から一線を画した穏やかな街並みが広がる北新宿エリア。最寄りの「大久保」駅から「新宿」駅までは1駅3分でアクセスでき、都心を縦横無尽に駆け巡れるフットワークが、暮らしの可能性を広げます。通勤・通学がスムーズになるのはもちろん、休日のお出掛け候補も増えるので、ビジネスもプライベートもアクティブに過ごしていただけることでしょう。北新宿エリアにもオシャレなショップやレストランが多いので、お気に入りの服を着て街に繰り出せば、新しい出会いが待っているかもしれませんよ♪

歴史と伝統が受け継がれる風光明媚な浪漫景観

利便性に優れた都心部に寄り添いながら、どこか懐かしい風情を感じさせる牛込柳町・神楽坂エリア。江戸時代の面影を残す坂道や石畳の路地など、街のいたる所に歴史と文化を漂わせています。路地裏には伝統の味を守り続ける老舗も多く点在し、豊かな人情に溢れ、人と人との温かい繋がりを再確認させてくれます。夜には料亭の灯りがともり、かつての花街の面影をより濃く感じられることでしょう。伝統を守り抜く一方で新しいお店も次々とオープンしており、新旧の融合がなされている街は、いつ訪れても新しい発見に出会えます。和食をはじめ、中華、エスニック、イタリアンなど幅広いジャンルのレストランが充実しているのも魅力のひとつ。メディアで取り上げられる話題のお店も多いので、散策のなかで自分だけのお気に入りのお店を見つける楽しみもできますよ。

再開発により生まれ変わる、その進化の先に描く未来都市

新宿・池袋と並ぶ三大副都心として、職・住・遊・学・憩・創のあらゆるニーズに応えられるポテンシャルを持つ渋谷エリア。特に「渋谷」駅周辺は、公園×商業施設×ホテルが一体となった「ミヤシタパーク」や、渋谷で最も高い複合施設型超高層ビル「渋谷スクランブルスクエア」、リニューアルした東急プラザ渋谷を含む複合施設「渋谷フクラス」などの大型商業施設を中心に、近年の大規模な再開発によって飛躍的な変貌を遂げています。また、道路改良事業で歩道や街路樹などの公共空間が整備されるなど、街自体の魅力的な景観形成で、さらなる利便性の向上と未来都市への進化が期待されています。今後も大規模な再開発プロジェクトを控えており、多様な表情を見せる渋谷の街並みの変化に、ますます目が離せません。

ライフスタイルの可能性を広げる多様性に満ちた庭園都市

文京区にある後楽エリアは、その大半を「小石川後楽園」と「東京ドームシティ」が占めており、賑わいと静寂が心地よく共存する成熟の街並みが広がっています。江戸時代には由緒ある大名屋敷や武士の邸宅が建ち並ぶ城下町として繁栄し、明治時代に入ると、屋敷跡地には政財界要人の邸宅が建てられ、大学をはじめ教育機関の敷地に転用されるなど、文教地区の特色を鮮明にしてきました。一方、江戸時代初期に水戸藩邸敷地内に造られた大名庭園「小石川後楽園」は、今も近代的な都市風景と調和しながら、人々の暮らしに寄り添っています。大規模な商業施設や高層ビルを背景に、自然に囲まれた静かなる時を過ごせる都立庭園ならではの贅は、都心ライフにおいて何物にも代えがたい魅力となることでしょう。

文化の薫りと豊かな自然が息づく風光明媚なロケーション

歴史と静寂に包まれた風情ある文教地区として、豊富な緑の潤いと落ち着いた文化の薫りが漂う文京区。この地域を代表する本駒込エリアは、かつて武家屋敷や大名屋敷が建ち並んでいた由緒ある土地で、現在もその歴史の脈絡を受け継ぐ邸宅街であり、落ち着きのある街並みが広がっています。街には低層の戸建て住宅が多く、通りの街路樹や個人宅の庭木などが、自然豊かな景観を形成しており、都心とは思えないほどの上質な静寂さに包まれています。そんな静寂の中に佇む寺院は荘厳な雰囲気を醸し出し、ここに住む人々の心の拠り所となっています。

松戸~子育て、遊び、学び、住まい、すべてに優しい都市~

千葉県の北西部に位置し、江戸川を挟んで東京都葛飾区と江戸川区に隣接している松戸市。都心から約20km圏にあり、首都圏のベッドタウンとして開発されて以来、快適で便利な住宅都市建設が計画的に進められてきました。現在では、単なる住宅都市としてだけではなく、業務・商業・文化・情報・交通などのさまざまな機能を備えた都市となっています。主要駅である「松戸」駅は、JR常磐線と新京成線の2路線が乗り入れており、特にJR常磐線は、東京メトロ千代田線と相互直通運転していることもあって、快速を利用すれば「大手町」駅まで直通30分、「赤坂」駅まで直通40分、「表参道」駅へも1時間以内でアクセスでき、ビジネス街への通勤や繁華街へのお出掛けにも便利です。また、「新松戸」駅にはJR武蔵野線が乗り入れており、東京ディズニーリゾートの最寄り駅「舞浜」駅へも乗り換えなしで30分掛からないので、オンもオフも充実しそうですね。「松戸」駅周辺には駅直結の商業施設「アトレ松戸」をはじめ、イトーヨーカドーやダイエーといったスーパーも充実。聖徳大学と千葉大学があることから、街の雰囲気も若い活気に溢れています。2020年より東西通路幅拡張などの再開発事業も進行中で、2027年には6階建の新駅ビルも完成予定となっており、利便性向上でますますの発展に期待が高まっています。

川越~時代を超えた街並みが広がる埼玉屈指の活動拠点~

埼玉県の中程に位置する蔵造りの街・川越。今も色濃く残る江戸時代の城下町として栄えた風情ある街並みは「小江戸」と呼ばれ、国内外問わず多くの観光客が訪れる人気の観光地となっています。古き良き大正時代の建築が軒を連ねる「大正浪漫夢通り」や、重厚な明治期の蔵造りの街並みが広がる「川越一番街」など、街を散策すれば歴史情緒をそこかしこに感じられる一方で、駅周辺は近代的なビルが建ち並ぶ都会的な街並みとなっており、埼玉屈指の繁華街としても知名度を高めています。主要駅である「川越」駅は、JR埼京線・JR川越線・東武東上線の3路線が乗り入れており、池袋・渋谷・新宿まで乗り換えなしでアクセスでき、都心への通勤にも不便しません。東北・北陸方面への新幹線が停車する「大宮」駅へも乗り換えなし約22分で移動でき、出張や旅行などの遠征にも便利です。駅周辺には「アトレ川越」や「ルミネ川越」といった大型商業施設が揃い、全長1.2kmにかけてショッピングストリートが広がる商店街「クレアモール」にはオシャレなショップが多く、若者の街として活気に溢れています。西口にはペデストリアンデッキが整備され、周辺施設へのアクセス性が向上。

川口~都心近接の利便性と自然の豊かさが両立する街~

埼玉県の南端に位置し、荒川を隔て東京都足立区と北区に隣接する川口市。埼玉県内では川越市と越谷市に続き3番目となる中核市として、地域行政を充実させる重要な役割を担っています。人口は県庁所在地であるさいたま市に次いで県内2位の規模を誇り、都心に近いベッドタウンとして移住者が絶えません。主要駅である「川口」駅はJR京浜東北線が乗り入れており、埼玉の大宮・さいたま新都心をはじめ、東京の品川方面、神奈川の横浜方面へのアクセスが良く、各主要都市への通勤にも便利です。道路は岩槻街道、首都高速川口線が横断している他、川口JCTから東北自動車道や東京外環自動車道を利用すれば、全国各地への高速移動も可能です。宅地開発によって整備された街並みと利便性に優れた都市機能は、全国的にも評価が高く、住宅ローン専門金融機関「ARUHI」が主催する『本当に住みやすい街大賞 2021』では、2020年に引き続き2年連続の1位に選ばれ、人気上昇中の街として注目を浴びています。