Location

日本語名
立地
#312F32

日常の利便性と憩いを享受できる豊かなロケーション

緑豊かな街路や成熟した街並みが広がる千歳台エリア。長い年月をかけて暮らしの環境が培われてきた生活舞台には、教育施設や生活利便施設が集積し、日常を快適に育んでいます。最寄りの京王線「千歳烏山」駅からは、「新宿」駅まで「明大前」駅で特急に乗り換えて所要時間約16分、「渋谷」駅へも「明大前」駅で急行に乗り換えて所要時間約21分でアクセスでき、都心への通勤に不便を感じることはありません。スーパーやコンビニが各地に点在し、千歳烏山商店街や祖師谷商店街へも近いことから、日常の買い物は十分に事足ります。また、保育園や幼稚園、内科・小児科などの医療施設も揃い、小さなお子様を持つご家庭やご年配の方にも安心して住める街となっています。

調和が保たれた美しい景観と風光明媚な街並み

都内屈指の邸宅街として名実ともにその名を馳せてきた番町エリア。成熟した街並みが、永きに渡り守られてきた街には、多くの財界人や文化人が居を構え、今に至るまでその歴史と伝統を継承し、優美さや気品さを感じさせる景観が描かれてきました。その洗練された生活文化は、今も色濃く残り、街に深く息づいています。界隈には門構えの戸建てや低層の建物が並び、穏やかな環境が広がっています。各国の大使館が多いことから、異国情緒な雰囲気も持ち合わせており、修道院やインターナショナルスクールもあって、外国の生活も垣間見ることができます。

歴史と文化そして深き趣を受け継ぐ憧憬の地

都内有数の高級住宅街として皇族や財界人たちの邸宅が建ち並び、歴史や文化を今に受け継ぐ由緒ある街並みが広がる千代田区番町エリア。今なお色褪せない品格と優雅な雰囲気に包まれ、誰もが憧れる街として多くの人々を魅了してやみません。特に五番町は泉鏡花や夏目漱石の門下生・内田百閒をはじめ、多くの小説家や芸術家が居を構えていた歴史があり、落ち着いた風情を色濃く残す街の趣は、こうした文化人たちによって培われてきました。また、五番町は坂が多いのも特徴で、坂沿いの建物は坂道の傾斜に合わせて外壁が伸びており、その外壁が石垣になっていることが多く、街並みと程よく調和する古き良きノスタルジックな景観を創り上げています。

都心の最前線に寄り添う暮らし

都心の主要オフィス街や繁華街、観光エリア、そしてそれぞれにアクセスしやすい公共交通機関が整備され、都内有数の大規模都市として進化し続けている中央区。そのスピードは止まることなく、今もなおさらなる飛躍が期待されています。そんな中央区の中でも、オフィスビルとマンションが混在して建ち並び、比較的落ち着いた街並みが広がる新富町エリアは、銀座や茅場町、日本橋などへも近いことから、職住近接の生活拠点として人気があります。電車はもちろん、徒歩や自転車など、ライフスタイルに合わせて多彩な通勤手段が選択できるのも魅力ですね。中央区役所も隣接しており、周辺には各種公共施設含め、銀行や郵便局も揃い、高い利便性と居住性を誇っています。

未来へと進化し、世界に誇れる大規模開発都市

都心の中枢に近い立地と水辺の景観から、住宅地としての需要が高まり、新たな都市機能の導入、ウォーターフロントとしての整備、地域の活性化などで、多様なニーズに対応する魅力と賑わい溢れる街となった湾岸地区。現在もタワーマンションの建設が進み、大型商業施設が次々とオープンしている近代的なロケーションでありながらも、豊かな緑と水辺に癒される公園も多くあり、都心近接のオアシスとしても良好な都市景観が形成されています。

多様な地域性と優れた都市機能が調和するライフステージ

高度経済成長期とともに都市基盤の整備が進み、東京の中枢への近さから大手企業が多数進出し、オフィス街として発展するとともに、首都圏のベッドタウンとして大規模なマンションが多く建設され、資産価値が高い住宅街としても進化し続けている勝どきエリア。都内のウォーターフロントの先駆けとして街は自然との調和を考え、緑を増やす事業とともに公園も多く作られ、中央区に位置しながら豊かな自然を感じられます。スーパーやコンビニ、病院などの生活利便施設も充実しており、日々の生活に困ることはありません。大規模複合商業施設『晴海トリトンスクエア』をはじめ新しい商業施設が次々とオープンしている一方で、下町風情が残る『月島西仲通り商店街』も人気のスポットで、新旧さまざまな街を気軽に楽しめる、オンもオフも快適でアクティブに過ごせる暮らしが、ここから始まります。

利便性に優れた都市機能と豊かな自然が広がる街

国会議事堂や首相官邸をはじめ国家中枢機関が一堂に集まり、政治の中心地となっている永田町エリア。赤坂御用地や皇居に囲まれ、自然を身近に感じることができるのもこのエリアの魅力の一つ。都心ながら道幅が広く街路樹もさまざまに見られるので、散策スポットとしても人気です。平日休日問わず多くの人々が行き交う街として、オシャレなレストランやカフェも充実。仕事帰りに同僚や上司とそのまま食事へなんて光景も日常となることでしょう。

上野フロンティアタワー~新しい下町文化がここから始まる~

上野御徒町の歴史と伝統と共に250年の時を歩んできた老舗百貨店「松坂屋上野店」南館跡地で開発が進んでいた「松坂屋上野店南館建替計画(上野御徒町プロジェクト)」。2017年11月には上野のランドマークとなる新たな複合商業施設「上野フロンティアタワー」が誕生しました。地下1階には「松坂屋上野店」本館の店舗スペース、1~6階にはショッピングモール「PARCO_ya 上野」、7~10 階は映画館「TOHO シネマズ」、高層部の12~22 階 はオフィスが入居しており、連日多くの人々で賑わっています。開発・運営するJ.フロント リテイリング株式会社(大丸と松坂屋ホールディングスの共同持株会社)は「上野御徒町プロジェクト」の一環で、「上野フロンティアタワー」、「松坂屋上野店本館」、大丸松坂屋百貨店が所有する周辺施設を総称し「シタマチ.フロント」として、新たに街開きを展開。下町情緒溢れる上野御徒町の持つ従来の魅力に加え、新たな文化やライフスタイルを発信し、さらなる上野御徒町の発展に貢献しています。今後もさまざまなイベントの開催や新店舗のオープンが予定されており、上野御徒町に新しい価値と魅力をもたらしていくことでしょう。

IHIステージアラウンド東京~これまでの常識を覆すエンタメ~

ウォーターフロントとして現在も大規模に再開発されている湾岸地区。国際展示場や四季劇場、有明アリーナなどあらゆるエンタテインメント施設が揃い、世界に誇る芸術文化の創造・発信を行っています。2017年3月には豊洲エリアに360度シアターの円形劇場「IHIステージアラウンド東京」がオープン。客席が360°回転する、これまでにない客席スタイルが魅力の劇場で、約1,300席ある座席からは様々な角度からダイナミックな舞台を楽しむことができるとあって、公演日には多くの人々で賑わいをみせています舞台、映像、音楽、照明、全てが画期的な方法で融合するステージアラウンドは、これまでにない感覚を体験させてくれることでしょう。メガネ型の端末に字幕が表示されるサービスも提供されているので、聴覚に障害のある方も安心して楽しめそうですね。アクセスは新交通ゆりかもめ「市場前」駅より徒歩1分。周辺にはホテルも多いので、遠方から訪れる方も宿泊には困りません。今後も多彩な舞台芸術のプログラムが上演される予定なので、都内在住の方はもちろん、他県の方も東京観光にお越しの際は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。